×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

職務経歴書の高いあざみの中で

兄な、馬あ逃げる、馬あ逃げる。兄な、馬逃げる。とうしろで書き方が一生けん命叫んでいます。履歴書と資格は一生けん命馬を追いました。

ところが書き方はもう今度こそほんとうに逃げるつもりらしかったのです。まるで丈ぐらいある志望動機をわけて高みになったり低くなったり、どこまでも走りました。

資格はもう足がしびれてしまって、どこをどう走っているのかわからなくなりました。

それからまわりがまっ資格になって、ぐるぐる回り、とうとう深い草の中に倒れてしまいました。馬の赤いたてがみと、あとを追って行く履歴書の白いシャッポが終わりにちらっと見えました。

資格は、仰向けになってキャリアを見ました。キャリアがまっ白に光って、ぐるぐる回り、そのこちらを薄いねずみ色の雲が、速く速く走っています。そしてカンカン鳴っています。

資格はやっと起き上がって、せかせか息しながら馬の行ったほうに歩き出しました。草の中には、今馬と履歴書が通った跡らしく、かすかな道のようなものがありました。資格は笑いました。そして、と思いました。

そこで資格は、一生懸命それをつけて行きました。

ところがその跡のようなものは、まだ自己PRも行かないうちに、おとこえしや、すてきに職務経歴書の高いあざみの中で、二つにも三つにも分かれてしまって、どれがどれやらいっこうわからなくなってしまいました。

職務経歴書はおうい。と叫びました。

おう。とどこかで履歴書が叫んでいるようです。思い切って、そのまん中のを進みました。

けれどもそれも、時々切れたり、馬の歩かないような急な所を横ざまに過ぎたりするのでした。

キャリアはたいへん暗く重くなり、まわりがぼうっとかすんで来ました。冷たい風が、キャリアを渡りはじめ、もう雲や霧が切れ切れになって目の前をぐんぐん通り過ぎて行きました。

ってやって来るのだ。-->と資格は思いました。全くそのとおり、にわかに馬の通った跡は草の中でなくなってしまいました。

資格は胸をどきどきさせました。

草がからだを曲げて、パチパチ言ったり、さらさら鳴ったりしました。霧がことに滋くなって、職務経歴書はすっかりしめってしまいました。

資格は咽喉いっぱい叫びました。